キャッシングを利用しました。

キャッシングをすることは大切な社会勉強である

 

キャッシングを使ってみるということは、世の中のお金の流れを勉強できるとても良い機会です。

 

キャッシング体験談 http://www.olstores.com/

 

もちろん、使うにあたっては計画性を持ち、自分の収入を鑑みて、ちゃんと払える額だけ借りる。

 

これが一番賢い使い方です。一度も使わないのも、それはそれで良いのですが、月々の分割払いの金利というものや、返済の仕方などは社会人になったら、車を買ったり家を買ったりと、誰もが一度は経験することですから、身近でクレジットカードやキャッシングカードを持っている人に聞いたりして、キャッシングに詳しくなることはとても良い社会勉強であると考えます。

 

私も働き始めてすぐにキャッシング枠のついたクレジットカードを作りました。

 

それで何度か買い物をしているうちに、だんだんと金利のことや、「これ以上使ったら、月々の支払がこれだけになるから、今月はもう使うのを控えよう」というように、お金の管理ができるようになるのです。

 

最初にも書いたように、しっかりとした自己管理は大事です。

 

結局は人様にお金をお借りしている状態ですから、絶対に返さなくてはなりません。

 

自分の第二の財布のように考えるのだけはやめましょう。この考えは危険です。

 

気づいたら使い果たして、金利だけを払い続けることのないようにしなければなりません。

仲の良かった親戚の葬儀のためにキャッシングを利用しました。

テレビのCMでよく見かけていた企業の消費者金融に審査を通して、融資してもらえました。

 

あの頃、親戚が亡くなって私のところに資金をなんとか用意できないかという相談が来ていました。

 

私がその親戚の方と釣りへ行ったりなど、仲ある関係でしたが突然亡くなってしまったことに対するショックで気が沈みました。

 

彼のためにと思って私もなんとかお金を工面して、良い葬儀にしてやりたいという気持ちはありました。

 

なので足りない10万円を消費者金融へ行って、借りる事を決めました。

 

 

 

10万円が私の返済できるギリギリの額でした。私の事情と仕事内容について消費者金融の小さな店舗へ行ってお話しました。

 

融資OKが出て、利用の仕方を一通り説明してくれました。カードももらえました。

 

この時最後に「良い葬儀になるよう心からお祈りしてます。」と気遣ってくれたのが本当に嬉しかったです。

 

 

 

葬儀は無事終わり、彼との別れを告げて融資してもらったお金を返すために3ヶ月ほどかけて返済しました。

 

周りから借金してまでやるなんてお人好しすぎる、なんて言われましたが彼との関係は大きかったので後悔はありません。

 

キャッシングの利用はそれ以降ありませんが、あの時借りれたことは良かったと思ってます。

キャッシングについて

 

お金が足りなくて困ったときには、良くキャッシングをしています。

 

まわりの人にお金を借りるよりも、とても気楽に借りることができて良いサービスだと思っています。

 

キャッシングにはいつもお世話になっています。今回キャッシングをしたのは、欲しかったブランドの限定バッグが発売されて、それを買うためでした。

 

その限定バッグは、今回買わなければもう手に入らないであろう商品でした。

 

それで、慌てて購入したのでした。限定バッグを購入できたのは良かったのですが、貯金が残りわずかしかありませんでした。

 

それで、今回もキャッシングをしてやりくりすることにしました。キャッシングができると、ついついまた買い物をしてしまいそうになるのですが、そこはぐっと我慢して、買いすぎないように気をつけています。

 

返済のことを考えると、借りることができるお金の額も決まって来ます。

 

なので、返済を考えてキャッシングをするのが、キャッシングをする上での注意点だと思います。

 

そこさえしっかりと計画的に考えて注意していれば、キャッシングというのはとても便利なサービスです。

 

これからも、お金が足りなくなった時にはまたキャッシングを利用して行きたいと思っています。